会社印の通販『はんこ1番.com』のページへようこそ!
熟練職人による手仕上げの会社印・個人印。印鑑のことなら何でもお気軽にご相談下さい。


印鑑選びのポイント

印鑑書体の選び方

印鑑の書体には様々なものがあります。
甲骨文字が生まれた紀元前1500年頃からの長い歴史を経て生まれてきた印章書体は漢字文化の象徴です。 読みにくくてわからん・・・といわれる書体の奥に先人達の栄枯盛衰の歴史ロマンが隠されているのです。
書体選びのポイントは用途に合せた選択です。
人気が高いものは 実印・銀行印等の登録印では偽造されにくく風格のある篆書体(てんしょたい)、 みとめ・仕事印などには読みやすく古雅な味わいがある古印体(こいんたい)などの書体が多く使われています。末永く付き合う印鑑ですので、ご自身が気にいる書体をじっくりお選びください。

書体個人印
書体見本法人

篆書体(てんしょたい)
漢字の基本書体。典雅、流麗にして重圧、風格のある印影をつくります。実印に限らずすべての印鑑に適します。偽造されにくい意味合いもあり公印等にも広く使われる書体です。

古印体(こいんたい)
隷書体を元に丸みを加えた書体。大和古印の伝統を受け継いだ日本独自の書体です。独特のやさしさや風合いが好まれ、みとめ印仕事印などに多く用いられております。

印相体(いんそうたい)
篆書体を基礎に意匠化したもので、印象がやわらかで近年好まれて使われる優れた書体です。八方篆書体と呼ばれ末広がりで縁起がよく、開運書体として親しまれています。

隷書体(れいしょたい)
秦の時代につくられた実用書体。篆書体を簡略化し直線的にしたもので、バランスがとれ読みやすい書体です。

行書体(ぎょうしょたい)
楷書体をくずして書きやすくした書体。
印象がやさしく特に女性に人気があります。

楷書体(かいしょたい)
日常あらいるところで用いている馴染み深い標準書体。実印などにはあまり使われず、認印に向い ている書体です。



◆このページをご覧の方は、このページも見ています。

印鑑の種類と役割
会社設立登記・開業時に必要な会社印の解説
印鑑サイズの選び方
印鑑書体の選び方
印鑑素材の選び方
象牙製品の取扱い
手彫り印章のできるまで
手彫り印章の出来るまで(動画)
会社印鑑のページ
会社印鑑セットがお手頃価格!(手書き・手仕上げ)
納期のご案内
TOPページ


店長のイチオシ! 本柘会社印セットの決定番。セットでお得。会社印柘2本ゴム印セット


売れ筋No.1!
手書き・手仕上げ会社印フルセット(黒水牛(芯持ち))


当店の会社印の製作方法(手書き・手仕上げ)についての解説
手書き・手仕上げは、完全手彫りに遜色のない印鑑の製作方法で、複製困難な会社印を作ることができます。


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

七つの想-こころ-
象牙特定国際種事業者章
全日本印章業組合

ページトップへ